2007.07.09

ばけらったは(BlogPet)

大きいオペラなどをゲネプロしなかったの♪
2月ネットでオペラとかオペラや、新国立劇場などをゲネプロしたかったの♪
大きい新国立劇場とか、新国立劇場とか大きい新国立劇場とかを上演しなかった
こーちゃんたちが、ネットで大きいオペラとかをゲネプロしなかったの♪
オペラとかをゲネプロしたかったいみたい…
今日ネットで新国立劇場とかをゲネプロしたかったは、オペラとかオペラや、新国立劇場などされる
ばけらったは、オペラを上演したいみたい…
2月ネットで新国立劇場とか大きい新国立劇場とかをゲネプロしたかったの♪
と、ばけらったは考えてるはず。


*このエントリは、ブログペットの「こーちゃん」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.07.02

午後はこーちゃんが(BlogPet)

午後はこーちゃんが、ネットでアートなど言ったよ
ネットでアートなど言ったよ
ネットで牧神や振付をディレクションしなかった?


*このエントリは、ブログペットの「こーちゃん」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.25

午後は(BlogPet)

午後は、前奏とかをディレクションすればよかった?
ばけらったたちが、広いアートと牧神の午後への前奏曲振付・
アート・
ディレクション:MarieChouinard.


*このエントリは、ブログペットの「こーちゃん」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.18

ネットで牧神などをディレクションされたよ(BlogPet)

広い牧神とか言ったよ
こーちゃんは、ネットで牧神などをディレクションされたよ
ばけらったたちが、牧神と、牧神と、振付や前奏や、前奏とかをディレクション:MarieChouinard.
と、こーちゃんが思ってるの。


*このエントリは、ブログペットの「こーちゃん」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.15

ターシャ・テューダーの言葉 3「今がいちばんいい時よ」

 私がターシャ・テューダー(Tasha Tudor)を知ったのはわりと最近。NHKのテレビ番組「ターシャ・テューダー四季の庭」を見たのがきっかけでした。30万坪という広大な庭に咲き誇る四季折々の花々が本当に美しくて,自分には決して真似できないことは重々承知しながらも,「こういう生活もステキねぇ」とちょっと憧れたりしました。

 ターシャは1915年生まれの絵本画家。56歳の時にニューハンプシャー州の田舎からパーモント州の山奥に移り,そこに18世紀風の農家を建て,90歳を越えた現在でも,元気で畑を耕し,花を育て,絵を描き…というスローな生活を送っています。

 先日,本屋に立ち寄った際に「ターシャ・テューダーの言葉 3 今がいちばんいい時よ」という本が目に付いて,つい購入してしまいました。これは老いと人生についての彼女の言葉と美しい写真を収めたもので,彼女のユーモアと洞察に満ちた言葉もさることながら,写真(彼女が飼っているコーギーも本当にかわいい!)がとても気に入っています。眺めているだけで,自然と心が穏やかになるので,就寝前に見るのがここのところの私の日課となっているほどです。美しいものを見て,満ち足りた気持ちで眠りに就くのはホントに心地いい!でも,毎日同じものばかり見ていると飽きちゃうので,今度は写真集を買っちゃおうかしら…と目論んでいるばけらったでありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.14

「書くこと」とは

 日付は覚えていないのですが,朝日新聞に載った「魔法の万年筆」の劇評(山口宏子氏著)に「『書くこと』とは,誰かに,何かに,愛されたいと切望する者の孤独な営みだ」と書かれていて,言い得て妙だなと,ものすごく感心しました。

 現在のブログ・ブームを見ても,そういうのがアリアリだし,私が自分の書いたものを公にする時に感じる何とも言えない恥ずかしさも,そういうところに起因している気がします。やっぱり“書く仕事”って,私の天職じゃないなと改めて思いました。「私のことを愛して~!」って,堂々と言えちゃうような人でないとダメですね。でも,他に職にできるようなことは何もないし…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.11

きょうこーちゃんは(BlogPet)

きょうこーちゃんは、ここにばけらったと開花したかった。


*このエントリは、ブログペットの「こーちゃん」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.05.14

資本主義と欲求不満

 先日,某携帯電話メーカーの方とお話しさせていただく機会がありました。毎シーズン,様々な新機能を搭載した新しい機種が発売されていますが,私は常々,携帯電話は通話とメールができればそれで充分だと思っているので,そんなことをちょっとお話しさせていただきました。すると,その方は「携帯電話は,新しい機種を出した直後がいちばん売れて,だんだんと売れ行きが鈍っていくんです。だから期ごとに新機種を投入しないと,前期よりも売り上げが落ちてしまうんです」と教えてくれました。

 この話を聞いて「資本主義とは,人間の所有欲を刺激することで成立している経済システムなんだな」と痛感しました。消費者は望ましいと思われるモデルを提示され,それを所有したい(体験したい)という欲求を掻き立てられる。こうして消費者に所有(体験)願望を抱かせなければ,モノ(サービス)は売れない。すなわち企業は儲からないのです。

 裏を返せば「資本主義という経済システムに依存している限り,人間は所有欲を刺激され続ける」ということ。自社製品を売るために,ありとあらゆる策を講じてくる企業の巧妙な手口をかわして,欲求不満状態から無縁であり続けるのは,至難の業だと言えるでしょう。しかも,何かを所有(体験)しても,すぐまた次のターゲットが出現する--その永遠の繰り返しです。「フリーク(「マニア」「おたく」)」と呼ばれる人たちは,このサイクルにまんまとハメられた人たちを指すのかもしれません(決して他人事ではありません…)。そして「資本主義経済が肥大化するにつれて,我々の欲望も肥大化する」のかもしれません。

 それでは,どうすればいいか?その答えは,私にも残念ながらわかりません。どなたかいい方策があれば,ご教授くださいませ。

| | Comments (0)

2007.05.11

北原照久氏「元気の出る話」

 今日は「開運!なんでも鑑定団」でお馴染みの,北原照久さんの講演を聞いてきました。彼は年間170回も講演をしているんですって。すごく話好きな人で,話し出すと本当に止まらない!テレビで見ていた時と印象がだいぶ変わりました。経歴も全然知らなかったけれど,義務教育である中学を退学になったという,ものすごい経歴を持っていらっしゃいます(それでもちゃんと高校にも大学にも進学されています)。びっくり!

 北原さんはコレクターとして有名ですが,本も執筆されています。今日はご自身の著作に関するお話(宣伝?!)もたくさん出てきました。その中から「夢の実現--ツキの10カ条」という本に出てくる「ツキの10カ条」を書き留めておきます。

①プラス志向
②勉強好き
③素直
④いろいろなことに関心を持つ
⑤感動する
⑥感謝する
⑦ついている人と付き合う(ついている人と付き合うためには,自分の波動を上げる)
⑧親孝行をする(自分の誕生日に親にプレゼントを贈る)
⑨人をほめる(人間は誰かに認められることで,がんばれる生き物)
⑩「自分はついている」と思う

 それから「夢は自分ひとりだけでは実現しない」とおっしゃっていたのも印象的でした。人間は決してひとりで生きているわけじゃないし,ひとりでできることには限界があります。そういう意味で謙虚になって,他人様の力をありがたく借りることも大切なんでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.05.10

ご無沙汰です!

 3か月近くも放置して,すみませんでした。その間,すっかり「こーちゃんたいむず」と化してしまいました(こーちゃん,長期の留守番,どうもありがとう!)。この間,確かに仕事が忙しかったのですが,それよりも,今までここに書いてきたようなことを「1wayのツールで,(一応,このブログは「非公開設定」にはなっているものの)不特定多数に発信する」ということが嫌になってしまったのです。それで,そういうことはもっとクローズドの媒体に記録することにしました。

 「じゃあ,『ばけらったいむず』」はどうしよう?」と考えたのですが,全然アイディアが浮かびませんでした。いっそのこと止めちゃおうかな…とも思っていたのですが,ちょっとしたコンセプトを思いついた(ような気がする)ので,テイストを替えて,継続しようかと思うに至った次第です。

 しばらくは試行錯誤しそうですが,どちらかと言うと「脱力系ブログ」となりそうですので,気楽にお付き合いいただけると,ありがたいです。(^^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«映画『マリー・アントワネット』